HOME > 研究支援 > クリーン関連設備 > バイオハザード対策用キャビネット
研究支援
バイオハザード対策用キャビネット

 GB型キャビネット ¥お問い合わせ下さい 
 


GB
  クラスIIIバイオハザード対策用キャビネットは、一種病原体の生物材料を取扱うことができる気密型のキャビネットです。グローブを介して作業を行うことから,グローブボックスとも呼ばれています。
 
特徴
  • 排気HEPAフィルターは2重
  • ハロゲンガス加圧法によるリークテスト圧力735Paにおいて,リーク量10-6ml/s以下の気密性能を確保
  • 内部圧力表示用の差圧計を標準装備
仕様
本体 材質:ステンレス製(SUS304) 研磨仕上げ板 溶接部:連続溶接後研磨仕上げ(作業室) 内面コーナー:R仕上げ
架台 鋼板製(樹脂焼付け塗装仕上げ)
パッキン ネオプレンゴム
シャットオフバルブ 気密型手動バルブ
ガラス 安全合わせガラス
HEPAフィルター H -110A×2枚
圧力表示 微差圧計
蛍光灯 20w×4本
グローブ ネオプレンゴム
集塵効率 0.3μm粒子径にて99.99%以上
換気回数 40回/h以上
気密度 ハロゲンガス加圧法によるリークテスト 圧力735paにおいてリーク量106ml/s以下
内部圧力 −147pa微差圧計により表示
安全対策 圧力上昇時に警報ブザー作動
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ