物理(波)

電波実験器

反射・屈折など、電波に関する多彩な実験ができる装置です。

【ご注意】
本機器は"特定小電力無線局 移動体検知センサー用無線設備"です。本機器の使用周波数帯(10.5GHz を超え10.55GHz 以下の周波数)では、免許を受けて屋外で利用されている無線局があります。これらとの干渉が懸念される為、本機器の使用は、実験室など屋内での使用限定とされています。万一、屋外で使用する場合は電波法令の規制を受けることになりますので、十分注意してください。

ガンダイオード式送信器から出力される指向性の良いコヒーレンスなマイクロ波を用いることにより、波の基本的な性質を明瞭に示すことができます。

波長2.85 cmの電波を利用しているので、実験台程度のスペースで定量的な実験を行うことができます。

各種アクセサリが付属しており、多彩な実験を行うことができます。

実験項目

①反射の実験

②定常波の実験

③プリズムによる屈折

④偏光実験

⑤ダブルスリットでの干渉

⑥ロイズのミラー実験

⑦ファブリーペローの干渉計

⑧マイケルソンの干渉計

⑨ファイバー光学実験

⑩ブルースター角の実験

⑪ブラッグ回折の実験

仕様

Cat.No. 100-550
形名 WA-9314SC
送信器 発振波長 10.5GHz 出力 10mW 
電源 DC9V500mA ACアダプタ付属
受信器 増幅器およびメータ内蔵 モニタ出力/感度調節機能つき バッテリー内蔵
付属品 ゴニオメータ1本、干渉計用レール1本、回転台反射板1枚、ホルダ2種 計3枚、反射板2種 計4枚、偏光板2枚、スリット台1個、プリズム(ポリスチレン球)1個、ブラッグ射用立方格子1個、ポリエチレン板1枚
価格 ¥619,000(税込¥680,900)

カタログ

3種類の総合カタログをご用意

展示室

当社の製品や技術をより理解いただける展示室

  • [東京]
  • [京都]