HOME > 教育支援 > 物理> >見かけの深さ測定実験器
教育支援

見かけの深さ測定実験器

APD-70 ¥45,000(税別)
APD-70

教科書掲載の“見かけの深さ”を実験できます。

  • レンズ系を用いて“,見かけの深さ”を定量的に測定できます。
  • スクリーンにピントが合った時の高さの差が“,見かけの深さ”となります。
  • 水とアクリルの屈折率の違いを測定します。

実験動画はこちら

実験例

水の“見かけの深さ”を測定

ピントが合った高さの差を測定します。
※画像はイメージです

コップの底のコインは水を満たすと浮き上がって見えます。
これは水を入れることによって“見かけの深さ”が変わるためです。
水の深さをh,見かけの深さをh′とすると角i,rは小さいので

屈折率nにより上がり幅が変わります。
水 :約1.3→14mm上がります。
アクリル:約1.5→20mm上がります。
※h=60mmのとき。

仕様

Cat.No 128-580
形名 APD-70
光源 3W 白色パワーLED
水槽 φ60×深さ80mm
スリット 幅1mm 長さ5,10,15mm
大きさ W100×D70×H300mm
付属品 アクリル角棒 W30×D30×H60mm
価格 \45,000(税別)
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Lab Total おすすめ実験例
デジタルマイクロスコープ
パソコン実験
カタログガイド
重点設備リスト
ソフトウェアのダウンロード
物理の古典
 
このページの上部へ