HOME > 研究支援 > クリーン関連設備 > 再生医療用キャビネット
研究支援

再生医療用キャビネット

RCV-1300 \お問い合わせ下さい
RCV-1300

清浄度グレードA(ISOクラス5)と気流バランス性能の両立が可能です。

特徴

  • 作業室内層流(吹出し風速 0.45m/s±20%)を実現し,気流バランス試験性能保証として 〆邏伴圓琉汰汗試験 ∋醂訴欷郢邯海鬟リアしています。
  • 簡易クリーンブース・インキュベータ(細胞培養器)等の接続が可能(機器内部の間で物品(細胞等)の受渡し)です。
  • 作業者前面にモニタを設置し,作業手順や細胞観察装置で撮影した細胞等の映像(画像)をモニタで確認できます。
  • ダストシュート(廃棄容器),細胞観察装置が設置可能です。ダストシュートは左右2ヶ所から,細胞観察装置は左・中央・右の3ヶ所から選択し,設置が可能です。
  • パーティクル監視・浮遊菌監視・ネットワークカメラ,スピーカ取り付け等,様々なオプション対応が可能です。

仕様

仕様 / 形名 RCV-1300
性能 集じん要素 HEPAフィルタ
集じん効率 0.3μm粒子にて 99.99 % 以上,スキャンテスト合格品
前面シャッタ開口高さ(mm) 200
作業室内清浄度 ISOクラス5(旧米連邦規格クラス100,前面シャッタを200mm開放の場合)周囲クラスISOクラス8(同クラス100,000)
風量 排気 9.4〜10.9 m3/min(中心値:10.1m3/min)
風速 作業台内 平均0.45 m/s±20%(吹出し面直下150mm,各点の測定値は平均吹出し風速±20%以内) 平均 0.32〜0.42 m/s(前面シャッタ下端から100mm上の高さ)
流入開口部 平均0.60〜0.70m/s
循環回数 1,920〜2,880回/h(中心値:2,400回)
気流
バランス
試験
方法 ネブライザにより枯草菌芽胞を噴霧しサンプリングする。
作業者の安全性試験 AGIサンプラ合成浮遊液からのコロニー数 10個以下
スリットサンプラからのコロニー数 5個以下
試料保護試験 作業台に敷き詰めたペトリ皿のコロニー数 5個以下
試料間の相互汚染防止試験 適用外
本体気密度 本体内部を500Pa に加圧したとき,30 分後の圧力低下が10% 以下(正圧維持法)
作業台最大積載質量(kg) 50
機外静圧 0 Pa ( 0 mmAq )
電源 AC 1 φ 100V 50Hz または60Hz
消費電力 390W±15%(50/60Hz共用)(オプション機器接続除く)
定格使用電流値 5.0 A± 15%(50/60Hz 共用)( オプション機器接続除く)
材質および構造 本体ケース材質 鋼板製,塗装(SUS部を除く)
作業台材質 SUS304,JIS仕上げNo.4相当板,コーナー部分はR仕上げ
照明灯 40型 直管LEDランプ 2灯(昼白色)
殺菌灯 15W 殺菌灯 2 灯
前面シャッタ 無色透明合わせガラス5mm厚 アルミ枠仕上げ(下部除く)
背面透視窓 無色透明合わせガラス3mm厚+中間膜+3mm厚(低反射ガラス)
圧力監視 圧力センサ0〜300Pa(排気HEPA差圧監視用,循環HEPA差圧監視用 各1個)
HEPAフィルタ差圧異常警報 電子ブザー,圧力センサによる異常監視,タッチパネルによるエラー表示
モータ異常警報 電子ブザー,タッチパネルによるエラー表示
前面シャッタ開口異常警報 タッチパネルに「シャッタ開」表示(運転時,シャッタ開口200mm超時電子ブザーで警告)
殺菌灯自動消灯機能 初期値15分,タッチパネルにて「1〜999分」1分単位・「連続点灯」から選択可能
外形寸法(W×D×H)(mm) 1620×1170×2340
本体質量(kg) 約390
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ