オールスチール実験台(EAシリーズ)Laboratory Furniture

EAシリーズ 進化したスチール実験台

これからのラボ・ソリューション
高度化・多様化する研究施設に求められるのは、フレキシブルな機能性と、
創造をサポートする快適性。

EAシリーズの特長 組み立て動画はこちら

「安全性」、「自由度」と「やさしさ」を兼ね備えた実験台

Environment & Safety

環境・安全

オールスチール製のため天板を除くスチール部材はすべてリサイクル可能。
素材の分別にも配慮した設計となっています。
スチール部は粉体塗装仕上げにより環境面にも配慮した塗装方法です。
ISO14001取得工場で製造。

  • ユニバーサルデザイン
    天板高さが700mm〜900mmまで50mmピッチで設定が可能,十分なニースペースは車椅子でのアクセスもスムーズにします。
  • 耐久性
    スチール製の骨格構造により解体と移動を何度も行えるほどの耐久性があります。
  • 汎用性
    モジュール式システムにより最適なセッティングが可能。
  • 経済性
    EAシリーズは仕様を見直しコストパフォーマンスをさらに向上させました。

モジュール式ユニット構造(汎用性・経済性)

従来の固定式実験台では、パターンや高さが限定されており、設置後の組み替えや増設、縮小、連結、移設が困難でした。
今回の新しい「EAシリーズ」は、モジュール式のユニット構造を採用する事により、様々な研究課題や作業環境へ柔軟に対応できるようになりました。(設置後の組み替えや移動等は弊社までご相談ください。)

耐久性・耐荷重性・転倒

頑丈なT字型脚構造を基本とし、ビームによる横連結方式でユニットを構成します。本体スチール部は粉体塗装仕上げのため、耐摩耗性、傷防止、耐薬品性、耐熱性、耐衝撃性に効果を発揮します。
また、脚部を床にアンカー固定する転倒防止金具(付属)により、実験台の横ズレ等を防ぎます。

■天板
標準:木製天板(表面ケミテクト黒)
オプション:木製天板(表面ケミサーフ黒)
天板厚:20mm(耐荷重約150kg)

■スチール中間天板
オプション:コンセント付(2口×2)
■本体
フレーム:スチール製
仕上:耐薬品性粉体焼付塗装
■オプション
研究設備 Vol2 カタログ

研究設備 Vol2 カタログ

研究設備総合カタログを掲載

ebookカタログ

2017年10月現在