HOME >お知らせ一覧 >「国産顕微鏡100年展」開催のお知らせ

「国産顕微鏡100年展」開催のお知らせ

国産顕微鏡100年展(主催:日本顕微鏡工業会)が2015年3月3日(火)から4月19日(日)まで、東京上野の国立科学博物館で開催されます。

今から100年前、3人の日本人技術者(内、一名がカルニュー光学器械製作所(現島津デバイス製造)の創業者(加藤嘉吉氏))の力によって、 今日の国産顕微鏡の礎となった「エム・カテラ」顕微鏡を完成されました。日本の光学顕微鏡がこの100年足らずの期間で世界トップレベルになるまでに至った経緯を、歴史的製品や最新型の製品を展示し、分かりやすくご紹介いたします。

当社は日本顕微鏡工業会の会員企業として、昭和30年代に東京教育大学(現筑波大学)教授のご指導の下、全体のサイズや鏡筒傾斜角、更には新開発のステージ上下方式を採用し、当時ベストセラーとなった「生徒用顕微鏡 SGL-600」の展示と、最新型のデジタルマイクロスコープ(BA210EINT/モニケン)を展示いたします。

また、会場には「ワークショップコーナー」も設置しておりますので、是非お子様と一緒にご来場ください。

内容
.撻奪肇椒肇觚家鏡の製作
⊃閥瓩覆發里鮓家鏡で観察

※期間中のワークショップ開催日時はチラシ、HPをご参照下さい。

「国産顕微鏡100年展」チラシはこちら

日本顕微鏡工業会サイト→http://www.microscope.jp/index.html

国立科学博物館アクセス→https://www.kahaku.go.jp/userguide/access/index.html


このページの上部へ