HOME > 教育支援 > 地学 > CH-10N
教育支援
雲の発生実験器

 CH-10N ¥12,420(税別) 
 
  「なぜ雲から雨や雪が降るの?」 子供の素朴な疑問を科学で解決

濡れたフェルトを入れたチャンバ内を吸気ポンプで減圧すると雲が発生します。温度が下がり(断熱拡張で2〜4度降下)、雲の発生が理解できる生徒用実験器です。
 
特徴
  • 透明アクリル製
  • 吸排気ポンプ、液晶温度計つき
  • 雲の核にするため、線香の煙などを用います。付属の煙フィルタは煙のタール分により吸排気弁が汚損するのを防止します。
仕様
 Cat.No.  146-475
 形  名  CH-10N
 観察槽  透明アクリル製 大きさ 外径φ100×H100mm
 吸排気ポンプ  50ml シリンジ 鞭接続チューブつき
 液晶温度計  0〜50℃(2℃単位でデジタル表示)
 煙フィルタ  加湿用フェルト板つき
 価格(税別)  ¥12,420(税別)
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Lab Total おすすめ実験例
デジタルマイクロスコープ
パソコン実験
カタログガイド
重点設備リスト
ソフトウェアのダウンロード
物理の古典
 
このページの上部へ