HOME > 教育支援 > 地学 > 月の満ち欠け説明器(三球儀)
教育支援
月の満ち欠け説明器(三球儀)

 ME-130 ¥28,000(税込 \30,240) 
 
  月の満ち欠けの形と、一日を追っての月の見え方がよく理解できます。

立体空間で太陽・地球・月の関係を理解した上で、地上の観察者の視点に立って、月の形・動きをモデル化してありますので、実体験に近いかたちで理解がすすみます。

特徴
  • 太陽、地球、月の関係を把握して、ひと月の月の形を月齢ごとに観察できます。
  • 一日の月の見え方を地上の観察者の視線で確認・観察できます。
  • 新考案の地平板で、月の高度、月の入り・月の出を時間を追って追跡・観察できます。
  • 地球と月の大きさの比率は同じにしてあります。
[教科書対応項目]
小学校6学年 「月と太陽」
中学校理科第2分野 (6) 地球と宇宙
イ太陽系と恒星 (イ)月の運動と見え方
仕様
Cat.No. 146-140
形 名 ME-130
構 成 月、地球、太陽からなる三球儀 月は公転可能 地球に観察者位置ピン、地平板付き
天体間距離 太陽―地球間(最大) 1150mm
地球―月間 230mm
天体の大きさ 地球70mm 月25mm 太陽100mm
大きさ(収納時) 約W650×D150×H200mm
重さ 800g
価格 (税込価格) ¥28,000 (\30,240)
資料請求・お問い合わせ
 
地学
ヘリオスプラネタリウム
金星の見え方説明器
ペルチェ実験器
フーコー振子
月の満ち欠け説明器
雲の発生実験器
雲の発生実験器
簡易日射計

導入事例
SHIMADZU Lab Total おすすめ実験例
デジタルマイクロスコープ
パソコン実験
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
物理の古典
 
このページの上部へ