HOME > 教育支援 > 物理 > 超伝導 > 超伝導簡易実験セット
教育支援
超伝導簡易実験セット  

  ¥38,000(税込 \41,040) 
 
超伝導簡易実験セット  

超伝導体をリング状にして磁場の中に浮かせる実験教材です。

カタログはこちら

 
特徴
  • 超伝導体をリング状にして磁場の中に浮かせる実験です。
  • 超伝導状態になったリングを磁場の中に入れると超伝導体の中に発生する誘導電流がしばらく流れ続けるため,リングが浮いた状態を維持できます。その後,温度が上がって超伝導状態が崩れていくとリングは次第に落下していきます。
  • リングは超電導新素材で出来ており,磁場の中で30mm以上浮上します。
  • 浮上後約10秒で落下することで,超伝導状態の有無が確認できます。
  • 付属の銅線コイルを使って電磁誘導の実験が合わせてできます。
  • 2種類の銅線コイルを用いて,コイルに電流を流すと磁場の中で浮上すること(フレミングの左手の法則)及び発光ダイオードを繋いで磁場の中で落下させると点灯すること(誘導起電力の発生)を示すことが出来ます。
仕様
Cat.No. 157-940
超伝導体 ビスマス系超電導線DI-BSCCO®(Ag,BSCCO)
φ70×12mm(ケース入り)
磁性体 ネオジム磁石
コイル 2種(約φ49×6mm/種)
600回巻き
支柱 塩化ビニル φ38×180mm
ベース 塩化ビニル 100×100mm
価格 (税込価格) ¥38,000 (\41,040)

※DI-BSCCO®は住友電気工業株式会社の登録商標です。

資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Lab Total おすすめ実験例
デジタルマイクロスコープ
パソコン実験
カタログガイド
重点設備リスト
ソフトウェアのダウンロード
物理の古典
 
このページの上部へ