HOME > 教育支援 > 物理 > 電子 > WH-100N
教育支援
高温拡散形霧箱

 WH-100N ¥280,000(税込 \302,400) 
 
高温拡散形霧箱
  室温10℃〜30℃において長時間安定した飛跡の観察を実現!

観察槽内にエチレングリコールを入れ過飽和状態にすると、その中に放射線が飛ぶことによりエチレングリコールが凝結し、放射線の飛跡を観察する事ができます。
α線源の飛跡
 
特徴
  • 室温10℃〜30℃において運転開始から約5分で観察可能となり、1時間以上の連続観察も可能です。
  • 上蓋と側面の温度コントロールにより安定した過飽和状態を維持でき、従来品より飛跡がはっきり見えます。
  • 全周囲からの照明(白色LED)により本体周囲方向からの死角がなくなり、飛跡が観察しやすくなりました。
  • 観察槽内(底面)に同心円状の目盛線が入っていますので、飛跡の長さを測定することができます。
[教科書対応項目]
中学校 理科 第1分野 (7)科学技術と人間
ア エネルギー
(イ)エネルギー資源
高等学校 物理基礎 (2)様々な物理現象とエネルギーの利用
エ エネルギーとその利用
(ア)エネルギーとその利用
物理 (4)原子
イ 原子と原子核
(イ)原子核
仕様
Cat.No. 136-801
形名 WH-100N
方式  拡散形(高温)
ヒーター  上蓋:10W/50W/強制OFF切替 側面:50W/OFF自動制御
消費電力  最大約100W (電子制御により10〜100W をコントロール)
観察槽  直径100mm 耐熱ガラス製
目盛線(観察槽底面)  10mm間隔(同心円状)
光源  白色LED 全周囲照明
冷却  冷却用放熱フィン
雑イオン除去  電界発生による
付属品  霧箱用鉱物放射線源 ※自然放射性物質ですので、法令による規制の対象外です。
大きさ W210×D260×H210mm
電源  AC100V 50/60Hz
価格 (税込価格) ¥280,000 (\302,400)
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Lab Total おすすめ実験例
デジタルマイクロスコープ
パソコン実験
カタログガイド
重点設備リスト
ソフトウェアのダウンロード
物理の古典
 
このページの上部へ