HOME > 研究支援 > これからの研究施設とは
研究支援
これからの研究施設とは
研究内容の多様化・精密化・先端化に対応する研究施設・設備をご提供します。
昨今の学術研究においては,超微量分析や極微細研究,超高温高圧,超クリーンルームなど,研究内容の精密化・先端化が急速に進んでいます。そのため設備の高度化・多様化は著しく,さらに情報化・国際化の発展にともなう国際競争も激しく,先進的な研究施設では,これらの最先端技術を駆使して実験研究が進められています。
当社は長年培ってきた経験を活かし,「これからの研究施設・設備」のトータルソリューションをご提案いたします。
SHIMADZU Lab Totalについて

これからの研究施設に求められるもの
これからの研究施設に求められるもの、島津のトータルソリューション、安全性、環境保全、インテリジェント化

セーフティ 有害化学物質の扱いや危険がともなう実験においても,つねに研究者に最大の安全性を提供すること。実験排水やRI 廃棄物の処理,放射線の遮蔽,遺伝子の組み換えの生物封じ込めなど,高い安全性を提供すること。
ハイセキュリティ 研究者や外部からの訪問者の入退室管理はIC カード,指紋照合などにより24 時間管理し,防犯対策が徹底していること。化学薬品については,保管場所,保管量,保管方法の管理が完全であること。
エコロジカル ホルムアルデヒド,環境ホルモン,VOC などの発生を抑えた材料を使用し,シックハウス症候群などの病気から研究者を守り快適なラボスペースを提供すること。また,特殊な空調を使用する実験においては,ランニングコストを十分考慮した省エネラボであること。
アメニティ 実験台の高さ,感覚,研究者の動線を考えて使いやすく実験が快適に行えること。また,バリアフリー,ユニバーサルデザインを考慮した設計で,どんな研究者にもやさしいワークエリアを提供すること。
フレキシブル 実験の内容や人数によってレイアウト変更やエネルギー供給など,スペースファクターを検討すること。

小さなご要望にも耳を傾け,快適な研究条件を整えます。
狭いスペースを有効に使いたい,薬品管理やセキュリティを徹底させたい。
周辺環境への配慮や省エネ対策をどうすればよいか。
こうした種々のご要望やお悩みにお応えするのが,私たちの仕事です。
よりご要望に沿った研究室づくりをご提供いたします。

安全性

環境・省エネ

スペース
■研究者の健康や安全性を最優先にした実験室を提供
■PRTR法に対応する薬品安全管理システムを提供
■ITを活用したインテリジェントな教育施設設備を提供
■セキュリティ対策,防犯対策が万全な実験室を提供
■人間工学を駆使した作業性・利便性に優れた実験室を提供
■排ガスや廃水を適切に処理する環境保全設備を提供
■省エネに貢献するVAV(可変風量)ドラフトチャンバーを提供
■充実したネットワークでお客様に安心と信頼を提供
■空間の有効利用に便利な各種実験機器組み込み実験台の提供
■フレキシブルなレイアウトが可能なスペースファクターを提供
■給水・ガス・電気などのエネルギーを効率的に供給

島津のトータルソリューション
企画の段階から設計・施工,アフターサービスにいたるまで,あらゆる段階において皆さまのご要望に的確にお応えいたします。さまざまな場面を想定しての企画・設計のご提案や,実験台や機器の選定,施工時における現場の管理や納品・据え付けなど,数多くの納入実績を活かしてお手伝いさせていただきます。
島津のトータルソリューション 基本構想、基本設計、実施設計(建築,設備,電気)
薬品分析室、薬品分析室、一般実験室、一般実験室
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ