HOME > 研究支援 > クリーン関連設備
研究支援
クリーン関連設備

クリーンルームやバイオハザード室,ケミカルハザード室などに設置する清浄環境空間を提供する装置や作業者への感染を防止する装置を提供いたします。
 
バイオクリーンベンチ
バイオクリーンベンチは、作業室内の清浄空間で実験、検査などをする機器です。
※注意
バイオクリーンベンチはバイオハザード対策用機器ではないため、病原性のある菌やそれを含む可能性のある物質を扱うことはできません。これらの用途には、必ずバイオハザード対策用キャビネットをご利用ください。
 
バイオハザード対策用キャビネットとクリーンベンチの違い
外観が似ているバイオハザード対策用キャビネットとクリーンベンチですが、その目的・用途は異なります。バイオハザード対策用キャビネット(以下キャビネット)は作業台内の実験操作中に発生するエアロゾルが外部へ拡散しないようにしたものです。
 
バイオハザード対策用キャビネットの分類
キャビネットは構造により大きく分けてクラスI、II、IIIの三つに分類されます。バイオハザード対策の設備レベルと扱う生物材料に応じてお選びください。

クリーン関連設備 製品ラインナップ
バイオクリーンベンチ
CCV 実験台内の空気を清浄するとともに、流入気流によりエアーカーテンを設け外部雑菌の混入を抑制し、実験材料の交互汚染を抑制します。
バイオクリーンベンチ
PCV 標準型
垂直気流で実験台内を清浄空気にするとともに、シャッター部から排気しますので 外部雑菌の混入を抑制します。
バイオクリーンベンチ
PCV 循環型
垂直気流で実験台内を清浄空気にするとともに、清浄空気を循環気流にしています。
バイオクリーンベンチ
PCV 排気型
垂直気流で空気を清浄し、作業テーブルの一部または全面から吸い込み、本体背面の排気ダクトから排気します。
バイオクリーンベンチ
PCV 作業台分離型
作業用テーブルを本体と分離していますので、振動が伝わりにくい構造です。
バイオハザード対策用キャビネット
SCV-IIA クラスII A2タイプ
気流方式が一部循環一部排気のバイオハザード対策用キャビネットです。
バイオハザード対策用キャビネット
SCV-IIB クラスII B2タイプ
給気系と排気系を独立させ、循環させない全排気(オールフレッシュ)方式です。気流の循環しないバイオハザードの実験等に適します。
バイオハザード対策用キャビネット
(GB型キャビネット)
SCV-III クラスIII
クラスIIIバイオハザード対策用キャビネットは、一種病原体の生物材料を取扱うことができる機密キャビネットです。
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ