HOME > 研究支援 > 汎用機器 > 顕微鏡 > 倒立顕微鏡
研究支援
三眼倒立顕微鏡

 AE31 \438,000(税込 \473,040) 
 

AE31

AE31

  無限遠光学系(CCIS)の採用により作動距離の延長,開口数の向上を実現し,汎用性が大きく向上しました。

三眼鏡筒部にMoticamを取り付けることにより,写真撮影をおこなうことができます。
 
特徴
  • 位相差観察法により,無染色の検体でも光学的に屈折率の差を明暗の差に変換して観察することができます。(対物レンズ10×,20×,40×にて)
  • 培養した細胞,組織などをシャーレに入れたまま,ステージに載せて観察することができます。また標本移動装置(オプション)の使用により観察対象を容易に見つけることができます。
仕様
 Cat.No  114-905
 形 名  AE31
 顕微鏡本体  無限遠色補正光学系(CCIS),外形寸法W211×D540×H529mm,重量11.4kg
 鏡筒  三眼鏡筒(接眼鏡筒 + カメラ鏡筒) 眼幅調節可能 接眼スリーブ内径30mm
 総合倍率  明視野40×〜400×, 位相差100×〜400×
 接眼レンズ  広視野接眼レンズWF PL 10× 1 対 視野数22mm視度調節可能
 対物レンズ   対物レンズCCIS Plan Ach PL 4X N.A. 0.1(明視野)
 対物レンズCCIS Plan LWD Ph10X N.A. 0.25(位相差)
 対物レンズCCIS Plan LWD Ph20X N.A. 0.40(位相差)
 対物レンズCCIS LWD Plan Achromat phase LWD Ph40X N.A. 0.60(位相差)
 コンデンサ  長作動距離コンデンサ,作動距離72mm,開口数0.30
 レボルバ  5穴
 ステージ  角型固定式,寸法 W200×D260mm,中座(金属製,ガラス製 各1枚)
 位相差スライダ  リングスリットPH1(10,20×用),PH3(40×用),空穴(明視野用観察)
 焦準機構  ラックピニオン式粗動焦準機構(粗動焦準ハンドルトルク調節可能)
 減速ギヤ式微動焦準機構
 照明装置  クォーツハロゲンランプ 6V 30W 無段階光量調節可能
 付属品  中座,ガラス中座,目当てゴム,心出し望遠鏡,グリーンフィルタ,
 ブルーフィルタ,拡散フィルタ(ホルダ付),防塵カバー,
 電源ケーブル,予備クォーツハロゲンランプ 6V 30W
 価格 (税込価格)  ¥438,000 (\473,040)
※本製品は教育・研究用に開発されたものであり、医療機器ではございません。

■消耗品
196853 クォーツハロゲンランプ6V/30W \2,500(税込 \2,700)

■撮影機器

115430 顕微鏡デジタルシステム Moticam1000
\70,000(税込 \75,600)
115435 顕微鏡デジタルシステム Moticam2000
\119,000(税込 \128,520)
196830 CCD アダプター 0.65X
\19,000(税込 \20,520)

■オプション
(1) 取付式標本移動装置 (エルゴノミックハンドル)
(ウェルプレートホルダA 128x86mmを含む)
\70,000(税込 \75,600)
(2) φ35mm ペトリディッシュホルダ *1
\6,000(税込 \6,480)
(3) φ54mm ペトリディッシュホルダ *2
\6,000(税込 \6,480)
(4) φ65mm ペトリディッシュホルダ *2
\6,000(税込 \6,480)
(5) 補助ステージ(1 組)
\6,300(税込 \6,804)
(6) ウェルプレートホルダB (132 x 88mm) *2
\8,700(税込 \9,396)
(7) 血球計算板ホルダ (φ70mmペトリディッシュ用)*2
\6,200(税込 \6,696)
*1 (2)を使用するには(1)と(4)が別途必要になります。
*2 (3),(4),(6),(7)を使用するには(1)が別途必要になります。
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ