HOME > 研究支援 > 汎用機器 > 電気炉 >電気マッフル炉
研究支援
電気マッフル炉 MPN-312P 高機能タイプ

 MPN-312P ¥612,000(税込 \660,960) 
 
  高精度制御方式コントローラ搭載により操作性・視認性が向上しました。
 
 
特徴
  • 高品質のアルミナ磁器製熱板を炉体内に配置し、しかもヒータが炉内に露出しない構造ですので、試料への汚染を防止できます。また、温度センサにR熱電対を採用しており長寿命です。
  • プログラム運転他各種運転モードはもとよりキャリブレーションオフセット機能、停電復帰モード選択、ユーザ設定情報の保存・呼出機能など多彩なサポート機能を標準装備。
  • オートスタート、オートストップ運転、最大99ステップ、99パターン、繰り返しのプログラム運転が可能です。
  • 自己診断機能に加え、独立過昇防止器、キーロック機能を装備しており保全機能、誤操作防止機能を高めています。
仕様
Cat.No 542-603
形 名 MPN-312P
性能 使用温度範囲 100〜1150℃
温度調節精度:±1.0℃(at 1150℃)
最高温度到達時間 約90分
構成 炉体 セラミックファイバ
ヒータ 鉄クロム線(パイロマックス)2.4kW
排気口 内径20mm×1(上面設置)
センサ R熱電対(制御センサ 過昇防止センサ)
冷却ファン 19/16W(50/60Hz)
機能 温度制御 PID制御
温度・時間設定 ▲▼キーによるデジタル設定・表示方式
測定温度表示方式 緑色LEDデジタル表示
運転機能 定置運転,オートスタート・オートストップ運転,
プログラム運転(最大99ステップ,99パターンまで,繰り返し運転機能
付加機能 24時間以内の実時間タイマ機能,積算時間計機能(65535時間まで),
時計表示,キャリブレーションオフセット機能
タイマ 0分〜99時間59分(タイマ分解能1分または1時間)
安全装置 自己診断機能(温度センサ異常,ヒータ断線,トライアック短絡,自動過昇防止機能),
漏電ブレーカ,過昇防止器(独立型),キーロック機能
内形寸法・内容積 W200×D250×H150mm 7.5L
外形寸法・重さ W446×D504×H565mm 約43
電 源 AC200CV 単相 12.5/15A(50/60Hz)
価 格 \612,000 +税
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ