HOME > 研究支援 > ドラフトチャンバー > スローピング形
研究支援
ドラフトチャンバー スローピング形

CBK-SL   
 
ドラフトチャンバー スローピング形   人間工学に基づいた構造設計により,研究者のストレスを軽減します。
 
サッシを含む本体前面を傾斜させて,作業性と視認性の向上を図りました。
空力特性にも優れています。
各種ガス配管(オプション)の開閉バルブを左右のサイドピラーに配置することで,作業性が向上しました。
下台はオープン方式を採用。着座作業も楽にできます。
 
特徴

オープンスペースの確保
高さ740mmまでの蹴り込み高さを確保していますので,分析作業性が向上します。また,実験機器の収納にも使えます。配管や配電盤等は,けんどん板奥の配管スペースに収納しました。

庫内視認性
正面上パネルの一部を強化ガラス化することで,庫内視認性を改善しました。

開口高さの確保
全開時には作業面からの高さ750mmまでの開口高さを確保することで,庫内への機器出し入れ等の作業性を改善しました。

鍵付開口制限ストッパー
不用意に扉が開くことで,ガスが漏洩しないように,ストッパーを設けました。ストッパーは扉の両サイドにあるので両側からしっかりとガラスを保持できます。また,鍵付にすることで安全性を向上させました。

スローピング形 CBK-SL シンプルな直水栓を採用
左側に1箇所標準付属しています。

スローピング形 CBK-SL
本体前面を傾斜させることで,研究者の作業性に配慮しました。また,下台の開口スペースを最大限確保することで,着座状態での作業も楽に行えます。バリアフリーへの対応も考慮し,車椅子での作業にも適しています。

CBK-SL-F (作業面/ファインテラII)
CBK-SL12-F1 (D=750) W1200×D750/780×H2200  310kg   311-24000-01
CBK-SL15-F1 (D=750) W1500×D750/780×H2200  350kg   311-24001-01
CBK-SL18-F1 (D=750) W1800×D750/780×H2200  405kg   311-24002-01
CBK-SL-E (作業面/エポファイン)
CBK-SL12-E1 (D=750)  W1200×D750/780×H2200  295kg  311-24000-02
CBK-SL15-E1 (D=750)  W1500×D750/780×H2200  330kg  311-24001-02
CBK-SL18-E1 (D=750)  W1800×D750/780×H2200  380kg  311-24002-02
※奥行き900タイプにファインテラII・エポファイン仕様はありません。
CBK-SL-H (作業面/ハイドロセラ)
CBK-SL12-H1 (D=750)  W1200×D750/780×H2200  290kg  311-24000-03
CBK-SL15-H1 (D=750)  W1500×D750/780×H2200  325kg  311-24001-03
CBK-SL18-H1 (D=750)  W1800×D750/780×H2200  375kg  311-24002-03
CBK-SL12-H2 (D=900)  W1200×D900/930×H2200  350kg  311-24000-08
CBK-SL15-H2 (D=900)  W1500×D900/930×H2200  390kg  311-24001-08
CBK-SL18-H2 (D=900)  W1800×D900/930×H2200  450kg  311-24002-08
仕様
形名 CBK-SL
外装 スチール製 耐薬品性焼付塗装仕上げ
内装 ノンアスベスト耐熱ボード
バッフルプレート ノンアスベスト耐熱ボード 3段式
作業面 陶磁器板(ファインテラII)または
エポキシ樹脂板(エポファイン)またはセラミック板(ハイドロセラ)
ポット流し1個 エアフォイル付
前面扉 傾斜タイプ バランスウエイト方式
操作面 シートスイッチ方式
(排気ファン,照明,排気遅延タイマ,警報)
水栓ハンドル1個 遠隔操作方式
ガスハンドル(オプション)
ACコンセント2連1個
開口制限ストッパー
水栓 壁付1方口 1個
ガス栓 壁付(オプション)
資料請求・お問い合わせ
  導入事例
SHIMADZU Labtotal これからの研究設備について
カタログガイド
ソフトウェアのダウンロード
 
このページの上部へ