HOME > ドラフトチャンバー > 特長
ドラフトチャンバー
FUME HOOD ドラフトチャンバー CBZ 特長
クラス最高水準の堅牢な安全性と柔軟な機能性。さらなる進化を遂げたCBZシリーズ。

コンセプト

安全 Safety

安全を第一に,安全について二つの面からアプローチを行いました。製品安全面からは台輪構造による耐震強度強化,不慮の事故を防止する前面サッシ落下防止機構,バランスウエイトワイヤー外れ防止機構,また作業安全面からはユーザーの誤操作を防止するための前面サッシ開口制限ストッパー,視覚にも効果的な前面サッシ開口制限確認シール等,様々な工夫を取り入れました。

性能 Performance

性能面においても,流体シミュレーションソフト(CFD)を用いて気流解析を行い,バッフル構造,ピラー形状,エアホイル形状を見直すことで庫内気流を改善し,性能向上を達成しました。

多彩なオプション Option

使い勝手はもとより,拡張性や操作性にも柔軟に対応いたします。
詳しくはこちら

機能 Function

将来用ユーティリティスペースや,着脱バッフル,作業開口面拡大,配電盤位置見直し,大型点検口などによって大幅な保守性の向上を実現しました。

クラス最高水準の堅牢な安全性と柔軟な機能性。さらなる進化を遂げたCBZ シリーズ。
このページの上部へ
耐薬品性に優れた陶器製・耐熱性に優れたセラミック素材を採用。

作業面  用途にあわせて作業面の材質が選べます。

ハイドロセラ

耐薬品性,耐熱性の高い施釉セラミック板製作業面です。
全体に勾配がなく,フラットなので庫内機器設置性に優れています。
傷がつきにくく,光触媒効果により防汚性能,抗菌性能もあります。
※ご注意
● 表面が平らですので大量の水を使用する場合には適しません。
● ホットプレートやブンゼンバーナーを使用する際は遮熱板を使用してください。

比重 1.85g/cm3
モース硬度 7
耐熱温度 約800℃
曲げ強度 48N/mm2
(JIS A1408)
表面吸水率 不浸透性釉薬により
吸水性なし
熱膨張係数 54×10-7

ファインテラ

耐薬品性に優れた,最も汎用性が高い陶器作業面です。
一体成型で継目がなく滑らかなので清掃が容易です。
周囲のこぼれ止めにより薬液がこぼれにくくなっています。
※ご注意
● 局部加熱によりひび割れを起こす可能性があります。
● ホットプレートやブンゼンバーナーを使用する際は遮熱板を使用してください。

比重 2.2g/cm3
モース硬度 7
耐熱温度 210℃
(局部加熱時は90℃)
曲げ強度 35〜40N/mm2
表面吸水率 不浸透性釉薬により
吸水性なし
熱膨張係数 55×10-7

この他にも,用途に合わせ,エポキシ製,ステンレス製,塩ビ製,サイファス製などもご用意していますのでお問い合わせください。

このページの上部へ
運転管理機能をプラスした多機能型液晶操作パネル。

操作パネル  操作性の向上でさらに使いやすくなりました。

RoHS指令対応

電子・電気機器における特定有害物質の使用制限に関するEU指令に適合しており,環境負荷の軽減に配慮しています。

タイマー運転時間設定

ファンのタイマー運転(残留運転)時間を操作パネル上で設定できます。初期値は15分で設定されており,1〜360分の範囲で設定可能です。

タイマー運転中表示

タイマー運転中は液晶ディスプレイ上に残時間が表示されます。

ボタン確認音

任意のボタンを押すと「ピッ」と音が鳴り誤操作を防止します。

積算値表示

「排気ファン」「照明」「システム」の積算稼働時間を見ることができます。「システム」とはドラフトチャンバーへの100V通電時間になります。
積算値の最大は18,249日23H59M59Sとなります。

警報ログ表示

警報が出た年月日と発生時刻,警報コードを最新のものから50 件分メモリします。

ファン運転時間

日数とHMSで運転時間の積算値を表示します。100V 電源を落とすとリセットされます。

現在時間表示

年月日と現在時刻が表示できます。

運転回数表示

「排気ファン」「照明」「システム」の運転回数を確認することができます。「システム」とはドラフトチャンバーへ100Vを通電した回数になります。回数の最大は100,000回になります。

バックライト設定

液晶ディスプレイのバックライトの明るさを設定できます。「強→中→弱→消」の4段階から選択できます。

表示言語設定

表示言語の設定で「日本語」か「英語」のどちらかを選択できます。

オンタイマー設定
(ストップウォッチ機能)

カウントアップのストップウォッチ機能になります。

省エネ 性能試験 オプション 製品ラインナップ
 
このページの上部へ